女性OLの転職を考える

働く女性が増えてきて、会社勤めをするOLさんも高年齢化していたりしますよね。

いまは結婚しても、そのままめでたく寿退社!っていう女性も減ってきていて、仕事をしながら共働きで稼ぐとか、子どもが生まれても育児休暇をとってまた職場に復帰するとか、OL生活を続ける方も少なくないです。

今の職場の環境が、そんな女性にやさしいのでしたら問題はないですが、なかなか実際は難しかったりしますよね。

就業時間が長かったり、名目上は休暇をとっても大丈夫となっていても現実的には無理だったり。

そういう待遇の面だけであれば、なんとか乗り切ることができるにしても、人間関係が絡んでくるとそうもいきません。。

相手が転職するか異動するか、もしくは自分が居場所を変えるかです。

20代くらいで若いうちならまだ転職も自由が効きますが、30代も過ぎると自分で思うような職場を見つけるのは困難です。

ハローワークや転職情報誌を見ても、なかなか出会いは無いですよね。

もし、30代も過ぎていて転職を考えるならエージェントに登録するのが近道です。

>>非公開求人情報と転職サポートを得る

こういう転職エージェントは、とにかく情報網がスゴイです。

いわゆる「非公開求人」という案件をたくさん抱えていて、企業サイドからこういう人材が欲しいということを明確に提示されています。

友人はここで転職を決めました。女性で40歳になる直前でした。
転職理由は人間関係でした。

年収は少しだけアップしたそうです。

決めるのにかかった日数はだいたい半年くらい。

内定をもらったのは2社からで、どちらも非公開求人でした。

紹介される企業に職務経歴書や自分のスキルを送って、面接をしてもらうのですが、その間にエージェントの担当者と打ち合わせや連絡を頻繁にとっていたようです。

担当の方からは面談で、職務経歴や希望年収、長所短所などの洗い出しインタビューがとても細かったそうです(笑)

それだけ親身になって相談に乗ってくれるということですが、エージェントの方も転職者の年収の数%が成功報酬として入るわけですから、手を抜くことはありませんよね。

少なくともハローワークなどで探して、自分ですべてを交渉しなければならないより、エージェントに希望を伝えて、それに見合う条件で第3者に交渉してもらうほうが有利です。

その友人は職務経歴は豊富でしたが、なにか資格を持っていたり、技術があった訳ではないので、運が良かったのかもしれません。

ですが、エージェントの方が言うには「転職は運とタイミング」だとのことです。

なので、もし転職を考えるならとにかくエージェントに登録をして「縁を待つ」のが正解かもしれません。

もう今の仕事はすぐに辞めたい!でも転職するには自分のスキルが足りない・・と思うなら、エージェントに登録してから資格などを取って自分のスキルを上げることを目指したほうが良いですよ。

一生続けられる仕事を手に入れるには資格を学ぶ

「将来に役立つ資格特集」という読み物もあるので参考になります。
趣味と実益を兼ねた資格というのもあるんですよね。

転職を考えるならとにかく自分をどう企業に売り込むか?を考えることが必要です。

転職エージェントなら、そのポイントをしっかりアドバイスしてくれながら条件にあう会社を見つけてくれます。

ワンランク上を目指す転職を考えるなら、エージェントの助けを借りるのが近道です。

登録はもちろん無料です。今の職場に転職活動が漏れることは無いので安心です。

もし、キャリアもなく自分が持っているスキルだけでは条件がクリアできないなぁ・・と思っていても、派遣でで入ってそこから正社員に登用してもらうという道もあります。

その場合も、普通の派遣というよりも「紹介予定派遣」という方法で勤め始めるというのがオススメです。

半年くらいで正社員になる可能性があるのですが、これも実績のある派遣会社からの方が良いですね。

>>紹介予定派遣で正社員となる実績があります。

転職先を見つけるためのステップアップになる入り口が見つかるかもしれません。

職歴やスキルがまだなくても、これから身につけていけばまだまだ可能性はありますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする